IMG_5201

本日は八王子市横川町で着工が始まりました3棟現場です。

写真に見えているビニールシートのようなものはコンクリートを流す前のシートですね。このシートを施工する事により、土からあがってくる湿気をコンクリートに含ませないようにする役目があります。
シートを敷いた次の日に見てみるとビッシリと水滴がついてるのがわかりますよ。

鉄筋はまだ組んでいる最中ですが、組み終わってる部分をみると、非常に細かく組まれてますね。
いい感じです

シートの上に無造作に転がっているようにみえる石ころのようなものは「ピンコロ」ですね。
これにももちろん役割があって今は無造作に転がっているように見えますが、鉄筋が組み上がると鉄筋の下に一定の間隔で並べていき、コンクリートを流し込んだ後、鉄筋が沈みこまないようにします。そうすることによって鉄筋にしっかりとコンクリートの「かぶり厚」を確保することができます。

近くで建築している現場や、ご自宅を新築する時など、是非気にして見てください。
コンクリートを流しこむ前の少しの期間の間だけなのでそう滅多に見ることもないですよ。

ところで「かぶり厚」ってなぜ必要か知ってますか?もちろん工事関係者の方はご存知でしょうが。。。。不動産やってるあんたがうんちく語るなって工事関係者の方には言われてしまうかもしれませんが、ちょっと知ったかぶって一言だけ。。。。
鉄筋はその名の通り「鉄」ですよね。むき出しのままであればもちろん、さびがすぐに生じてしまいます。
アルカリ性のコンクリートで覆われていれば、さびることはないです。ただ、コンクリートも未来永劫アルカリ性のままでいるわけではなく、徐々に外側から酸性化していきます。なので酸性化したコンクリートが鉄筋にすぐに達しないように、「かぶり厚」が必要なんですね。。。
じゃあ中にある鉄筋が錆びてしまうとどうなるのか。。。。。。
じゃあなんでコンクリートの中に鉄筋を入れる必要があるのか。。。。

これ以上書くと非常に長い文章になってしまうので、今回はやめておきます。

建築現場見るのって楽しいですよね。買わなくてもいいから誰か一緒に建築現場一緒に見て廻ってくれる人いないかなぁーっていうか私のうんちくに付き合ってくれる人いないかなぁー

物件概要 八王子市横川町3棟(今回販売3棟)
 価格 2,980万円~3,080万円 土地面積 131.41㎡~207.65㎡ 建物面積 100.19㎡(全棟)
■住所/八王子市横川町 ■交通/中央線「西八王子」駅バス9分バス停歩1分 ■構造/木造在来軸組構造2階建 ■土地権利/所有権 ■地目/宅地 ■都市計画/市街化区域 ■用途地域/第一種低層住居専用 ■建ペイ率/40% ■容積率/80% ■間取りタイプ/3LDK~4LDK ■完成/2019年10月末完成予定 ■接道状況/北側4m~5m公道 ■設備/東京電力 都市ガス 公営水道 本下水
■建築確認番号 第18UDI1W建13660~13662号 平成31年4月12日
■取引態様/仲介

アクセル株式会社
八王子市子安町3-2-3
042-621-5625